2018 ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージで気になったチームジャージ


先日のツアー・オブ・ジャパン 東京ステージを観戦した際に、気になったチームジャージを紹介します。

私はどちらかというと(TOJの東京ステージに関して言えば)、レース展開よりも「ロードバイクがいっぱい走っているのを眺める」のを楽しんでいるのかもしれません。選手が着ているジャージやバイクを見比べるのも面白いものです。今回は集団の中での見栄えという観点から、個人的に気になったのが、以下の5チームです。

●チーム・イルミネート(アメリカ)

観戦レポートでも紹介した、チーム・イルミネート。そのジャージにはスポンサー名が入っていません。

そのシンプルさが、集団の中で確かな存在感を発揮していました。

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ(イタリア)

イルミネートとは対照的にスポンサーロゴが多いこのチーム。写真ではわかりにくいですが、日本語のキャッチコピーも入っています。しかし、とっちらかることなくよくまとまっていると思います。

このジャージを見て「あれ?」と思った人もいるかもしれません。2018年シーズン、このチームはネイビー基調のジャージで戦っていたからです。実は、今回のTOJに合わせて蛍光オレンジのスペシャルジャージが用意されていたのですね。

●チームブリヂストンサイクリング

ブリヂストンサイクルの「BRIDGESTONE ANCHOR」よりも、ブリヂストングループそのものを前面に打ち出したこのチーム。ジャージも、ストレートにブリヂストンの企業ロゴとBマークが配されています。一目見てブリヂストンとわかるのは、ブランド知名度のなせる技でしょうか。

シューズだけがミスマッチですね。

●宇都宮ブリッツェン

宇都宮ブリッツェンは、ジャージにたくさんのスポンサーロゴが入り、デザインが難しそうな印象。しかし、ブリッツェン=稲妻を大胆にアレンジし、明るいイメージになりました。道端で観戦しているぶんには、当初予想していたよりもずっと見つけやすかったです。

ヘルメットとシューズが、ちょっと合っていないのが残念。

●シマノレーシングチーム

シマノとジャイアントというぐうの音も出ない組み合わせ。どちらもブルーのイメージがあるので、さすがのまとまりの良さですね。もちろん、シマノのシューズやLAZERのヘルメットともばっちり合っています。

以上5つ紹介しましたが、今回改めて思ったのは「胸のロゴって、案外見えないな……」ということ。いちばんの好位置は、胸ではなく肩やパンツのサイドなのかもしれません。

関連記事: 2018 ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージを観戦してきた – CyclingEX

関連記事: TEAM BRIDGESTONE Cyclingも走った自転車レース「2018 ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ」を観戦した

リンク: ツアー・オブ・ジャパン

(Gen SUGAI)