BRI-CHAN:買ってから教わるのではなく、買う前に教わる


CyclingEXが参加し、毎週金曜日に更新しているブリヂストンサイクルのファンサイト「BRI-CHAN」。今週は、3月はじめに二子玉川で開催された「ブリヂストンサイクルフェス TOKYO Vol.3」という電動アシスト自転車試乗イベントについてのレポートです。

駅直結の商業施設「二子玉川ライズ」に試乗コースを設けたイベントで、基本的には子供乗せ電動アシスト自転車を体験してもらうというものでした。ただ、他の試乗イベントとは少し違うところもあって。

子供乗せ電動アシスト自転車は、一般的な自転車はもちろん、他の電動アシスト自転車と比べても重め。そこにチャイルドシートを装着して、前や後ろ、もしくは前後にお子さんをのせるわけですから、最初はちょっとコツというか、慣れが必要なんですよね。

そこで……というわけかどうかはわかりませんが、事前申し込み制かつ少人数ではあるものの、自転車の基本的な交通ルールから、子供乗せ電動アシスト自転車特有の取扱上の注意などを学び、ブリヂストンサイクルの子供乗せ電動アシスト自転車4タイプを比較試乗するというコーナーが設けられていました。

もちろん、お子さんも同乗可能。自転車自体が久しぶりだという参加者には、担当者がつきっきりで、ときにはコース上を走りながらレクチャーしていました。

子供乗せ電動アシスト自転車が必要だという状況になるまで、何年も自転車に乗っていなかったという人も少なくないようで、実際に子供乗せ電動アシスト自転車を買っていきなり路上に出るのが不安だという声も、少なくないようです。そのような人にとっては、購入を検討している段階で、ただ商品を試すだけではなく自転車の乗り方から教えてもらえるというのは、とてもよい機会だったのではないでしょうか。

こういった取り組みは、スポーツサイクルでもあってよいと思います。

詳しくは、下記リンク先でどうぞ。

リンク: 大人になってから「自転車の乗り方を教わる」機会 – BRI-CHAN

●BRI-CHANとは
日本を代表する自転車メーカー・ブリヂストンサイクルのファンサイトとして、2016年1月よりスタート。CyclingEXが編集部(チーフブロガー)として参加しています。
リンク: BRI-CHAN – bridgestone greenlabel fan channel「ブリチャン」

(Gen SUGAI)