TREK 2018年モデル:隠れキャラ!? グラベルライドもOKのドロップハンドルモデル「CrossRip」


TREK(トレック)の「CrossRip(クロスリップ)」シリーズは、ちょっと距離の長い自転車通勤などにぴったりの、ドロップハンドルモデル。TREKとしてコミューターと位置付けているようですが、ツーリングはもちろん、グラベルロードとして使うこともできます。

CrossRip 1/photo_トレック・ジャパン

TREKのWebサイトでカテゴリーからバイクを探してもコミューターの項目がなく、グラベルロードの項目にはシクロクロスモデルや「Domane」シリーズが載っているので、このCrossRip 2018年モデルの存在に気づいていない人もいるかもしれません。

CrossRip 1/photo_トレック・ジャパン

「TREKにグラベルロードあったような気がするんだけど、ほら、アルミの……」と思っていた方も少なからずいることでしょう。TREKのWebサイトで全バイクの一覧を表示させると、出てきます。

CrossRip 2/photo_トレック・ジャパン

2018年モデルのCrossRipは、アルミフレーム+アルミフォークでシマノ・ソラ完成車の「1」と、アルミフレーム+カーボンフォークでシマノ・ティアグラ完成車である「2」の2モデルを展開。

CrossRip 2/photo_トレック・ジャパン

どちらのモデルも700×32Cタイヤを採用、キャリアやフェンダーを取り付けることが可能なので、実用性重視に振ることもできます。

詳しい製品情報は下記リンクからどうぞ。

●CrossRip 1
価格:120,000円(税別)
情報源: CrossRip 1 | Trek Bikes (JP)

●CrossRip 2
価格:148,000円(税別)
情報源: CrossRip 2 | Trek Bikes (JP)

参考リンク: 2018年モデル TREK CROSSRIP2(トレック クロスリップ2)¥148,000(税抜)

(Gen SUGAI)