GIANT 2018年モデル:Advanced Gradeに生まれ変わったカーボンフレームの「ANYROAD ADVANCED 1」


GIANT(ジャイアント)が「誰でも。どんな道でも。」をコンセプトに開発したドロップハンドルのスポーツバイク「ANYROAD(エニーロード)」。その最上位モデルがついにAdvanced Gradeのカーボンフレームを採用しました。

モデル名は「ANYROAD ADVANCED 1」。従来モデルはCoMaxカーボンというエントリーグレードのカーボンフレームでしたが、2018年モデルではAdvanced Gradeのカーボンフレームに進化。

長いヘッドチューブと独特な形状のスローピングフレーム、太めのタイヤといった特徴はそのまま受け継がれています。

より軽量で高剛性のフレームとなり、ビギナーからベテレランまで、幅広い層のグラベルライドをサポートします。

メインコンポーネントはシマノ・105で、クランクはシマノ・R501のコンパクトドライブ。

リアのスプロケットは11-32T(11速)を装備。そしてOLDが142mmとなり、スルーアクスル仕様となりました。

カーボンのフロントフォークもスルーアクスル仕様。ブレーキは機械式ディスクのTRP・SPYRE C ALです。

タイヤは700×30Cで、チューブレスレディ。

ANYROADシリーズの特徴である、独自のエルゴノミック形状をもつアシストブレーキレバー(補助ブレーキレバー)。

シートチューブとトップチューブの交点はCOMAXよりもすっきりとしたデザインとなり……

GIANT独自のD型シェイプをもつ「D-FUSE」シートポストとなりました。前後にしなることで、振動吸収性能を高めています。

サイズはXS、S、Mの3種類、重量は10.1kg(M)、価格は245,000円(税別)です。

なお、アルミモデルはシマノ・ティアグラ完成車の「ANYROAD 1」が145,000円(税別)、シマノ・クラリス完成車の「ANYROAD 3」が95,000円(税別)となっています。

リンク: Giant Bicycle

※本稿執筆段階では2018年モデル未掲載

(Gen SUGAI)