アイウェアに装着する小型ディスプレイ「GARMIN Varia J Vision」


アイウェアに装着して、連携するデバイスの情報を表示させる「GARMIN Varia J Vision」が、2016年9月28日(水)に日本国内でも発売されました。といっても、すでに初期入荷分は完売となっているそうです。

varia-vision-image-01

単体の画像だけ見せられると、何をするためのものなのか、ちょっと想像がつきません。

varia-vision-image-05

GARMINのEdge 520J等とANT+で接続し、アイウェアに装着したVaria J Visionに情報を表示させることが可能です。表示するデータ項目は接続したデバイス上でカスタマイズ可能で、心拍数、パワー、スピード、消費カロリー、右左折時までの距離などが表示可能とのこと。

varia-vision-image-04

ディスプレイの解像度は428×240ピクセル。充電式リチウムイオン電池を内蔵し、駆動時間は約7時間となっています。

varia-vision-image-03

後方から接近する車両を検知する「Varia J」にも対応します。

関連記事: 【実機インプレ】サイクリング時の状況把握を助ける後方レーダー GARMIN Varia J – geared【ギアード】

varia-vision-image-02

28gと軽量で、アイウェアの左右どちらにも装着可能です。

価格は49,800円(税別)。次回入荷は10月中旬~下旬とアナウンスされています。

※サイクルコンピューターは別売です

情報源: Varia J Vision™

情報源: Varia Vision™ J | スポーツ・アウトドア | 製品 | Garmin | Japan | Home

(Gen SUGAI)