BRI-CHAN:懐かしい?新鮮?CHeROのダウンチューブシフター

ブリヂストンのCHeRO(クエロ)は、リーズナブルながら、クラシカルなデザインと走りの良さが人気の自転車。

dsc06217

そのフラットハンドルモデルは、フレームのダウンチューブと呼ばれるところに、シフトレバーが付いています。

dsc06190

ダウンチューブシフターなどと呼ばれる、こちらのシフトレバー。

ちょっと前(ひと昔、いや、ふた昔前?)のロードバイクやツイーリングバイクでは当たり前の装備でしたが、今となっては少々珍しいと言えるかもしれません。

しかし、このシフターが、CHeROに乗っている時の「自転車を操っている感じ」を、より印象深いものにしてくれています。

詳しくは、BRI-CHANの記事をごらんください。

リンク: CHeROのクラシカルなイメージを決定づけるシフトレバー – BRI-CHAN

(Gen SUGAI)



投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。