FELT 2017年モデル:オーソドックスな構成が好印象のアルミロード「F75」


FELTのアルミロードバイク「F75」は、レース向けのジオメトリーを持ち、コンポーネントにシマノ・105を採用した質実剛健なモデル。その2017年モデルが、輸入代理店であるライトウェイプロダクツジャパンの展示会で発表されていました。

DSC06027

マットブラックのF75。フレームの形状もグラフィックも極めてシンプルですが、それが好印象。ワイヤー内蔵式ではなかったり、シートポストが一般的な丸断面だったりというオーソドックスな構成であることも特徴です。

DSC06031

FELTのロゴが、新しいものに変わっています。

DSC06009

こちらはマットホワイトです。

DSC06012

個人的には従来のロゴよりシンプルで力強くなったと感じますが、いかがでしょうか。

DSC06018

メイン・コンポーネントはシマノ・105です。

DSC06015

クランクは50/34T。

DSC06023

ストレート形状のカーボンフォークを採用しています。

DSC06022

2016年モデルは、ブレーキがシマノではりませんでした。2017年モデルはシマノ製が採用されています。

フレームサイズは480/510/540/560を用意。重量は8.84kgと発表されています。そして価格は、148,000円(税別)です。

FELTの2017年モデルはまだ上位モデルが発表されていませんが、10万円代半ばのアルミロードを狙っている人のとっては、F75は魅力的な選択肢のひとつになるのではないでしょうか。

リンク: FELT公式サイト | フェルト ロードバイク

※本稿執筆段階では2017年モデル未掲載

(Gen SUGAI)