GIANT 2016年モデル:エアロデザインの軽量アルミレーシングモデル「TCR SLR」


GIANT(ジャイアント)のロードバイク「TCR SLR」シリーズは、エアロデザインの軽量アルミフレームが特徴の、レーシングモデルです。

GIANT TCR SLR 2
GIANT TCR SLR 2

アルミフレームのTCRと言えば、ジャイアントのロードバイクの中でも歴史あるモデル。今ではカーボンのTCRが主流なのは当然ですが、アルミモデルもエントリーグレードとしてしっかり残っています。

そんなアルミTCRが近年再び進化、2014年モデル早期発売分から登場したのが、このTCR SLRシリーズです。ジャイアントが持つアルミの成形技術が、極薄の軽量チューブを用いたエアロデザインを実現しました。

GIANT TCR SLR 1
GIANT TCR SLR 1

今、GIANTのラインアップにはアルミフレームのエアロロードとして「PROPEL SLR 2」が存在します。フレーム素材のグレードは、どちらも「ALUXX SLR-Grade Aluminum」。TCR SLRとPROPEL SLRを比較すると、TCR SLRのほうが若干ですが軽量です。

またTCR SLRのシマノ・アルテグラ完成車「TCR SLR 1」は、クランクが52/36Tのプロコンパクトとなっており、50/34Tのクランクを装着する「TCR SLR 2」や「PROPEL SLR 2」よりもレース寄りのスペックと言えるでしょう。

価格は、シマノ・105完成車の「TCR SLR 2」が180,000円(税別)、シマノ・アルテグラ完成車「TCR SLR 1」が245,000円(税別)です。

詳細はGIANTのWebサイトでどうぞ。

関連記事: 15万〜20万円クラスのアルミロードバイク2016年モデルを15台ピックアップ | CyclingEX

関連記事: GIANT 2016年モデル:PROPELのスタイルとエアロ性能をアルミで実現した「PROPEL SLR 2」 | CyclingEX

リンク 2016 Giant Bicycle

(Gen SUGAI)