GIANT 2016年モデル:PROPELのスタイルとエアロ性能をアルミで実現した「PROPEL SLR 2」


海外では早々に発表されていたことで、その存在が気になっていた人も少なからずいると思います。GIANTのエアロロード「PROPEL」シリーズに、ついにアルミフレームモデルが登場です。

16_PROPEL_SLR_2_black

モデル名は「PROPEL SLR 2」。

IMG_8095

フレームのグレードは、同じ「SLR」を名乗る「TCR SLR」シリーズと同等です。TCR SLRも十分エアロ性能を考慮したものなのですが、その上を行くエアロ性能を、アルミフレームで実現しています。

IMG_8101

当たり前といえば当たり前ですが、見た目はもう、まんまPROPELです。アルミモデルの存在を知らなければ、ほとんどの人がカーボンのPROPELだと思うでしょう。

IMG_8105

シートポストはこのような形状をしています。フルカーボン製とのこと。

IMG_8098

ケーブルはフレーム内装式です。

IMG_8109

PROPEL SLRは、カーボンモデルとは異なり通常のキャリパーブレーキが装着されます。

IMG_8106

ダイレクトマウントよりも汎用性があり、このスペックを歓迎する人も多いでしょう。

このPROPEL SLR 2、メインコンポーネントはシマノ・105で、サイズ展開は465(XS)、500(S)、520(M)、545(ML)mm、重量は8.4kg(500mm)となっています。価格は195,000円(税別)です。

ちなみに、2016年モデルの「PROPEL ADVANCED 2」が220,000円(税別)です。また、「TCR SLR 2」は180,000円(税別)です。

PROPEL SLR 2は、カーボンフレームであるPROPEL ADVANCEDシリーズの廉価版というような位置付けではなく「PROPELのエアロ性能とアルミフレームの乗り味が欲しい人」に向けた、ある意味ニッチな製品と言えるかもしれません。

リンク:ジャイアント

(Gen SUGAI)