700×40Cタイヤを装着可能なアドベンチャーロード、JAMIS「RENEGADE」シリーズ


ロードバイクらしい高いオンロード性能を確保しつつ、路面を選ばずに走破できるスポーツバイクが各社から続々と登場しています。一般的には「グラベルロード」と呼ばれることが多いこのジャンルですが、JAMIS(ジャイミス)は「アドベンチャーロード」と銘打って「RENEGADE(レネゲード)」シリーズを投入しています。

RENEGADEシリーズの最廉価モデルである、「RENEGADE EXILE」。

IMG_8340

6061アルミのフレームは、JAMIS独自のSSTデザイン(フレームサイズによってチューブの径を変えて、どのサイズでも自然な乗車フィールが得られるようにしたもの)が採用されています。

IMG_8329

キャリアダボが付いているので、旅仕様にもできます。

IMG_8336

人物とかぶってしまって少々わかりづらいですが、ボトルケージ台座も3つ用意されています(ダウンチューブの下にもある)。

IMG_8326

タイヤは700×35Cが標準で、フレームクリアランスは40Cまで対応しています。

IMG_8331

フロントフォークはアルミ。そしてブレーキはテクトロのメカニカル式で、ローター径は160mmです。

IMG_8337

メインコンポーネントは、リア8速のシマノ・クラリスです。フロントは50/34Tのコンパクトクランクで、リアのスプロケットは11−32T。クロスバイク的なギア比となっています。この手のジャンルは、エントリーグレードをシマノ・クラリス仕様として価格を下げているメーカーが多いですね。

16_renegadeexile2

カラーは写真のアノパラジウムの他、アノボンファイア(オレンジ)があります。サイズ設定は48、51、54、56cm、価格は105,000円(税別)です。

また、上位モデルとして「RENEGADE EXPAT」があります。

IMG_8344

こちらは、レイノルズ・520を採用したクロモリフレームです。フォークはカーボンで、15mmスルーアクスル仕様となっています。

16_renegadeexpat2

ブレーキはTRPのメカニカル式、メインコンポーネントはリア10速のシマノ・ティアグラとなっています。サイズは48、51、54cm、価格は160,000円(税別)です。

そして、アメリカからの取り寄せとなりますが、こんな高級モデルも。

16_renegadeelite_rgb

フルカーボンの「RENEGADE ELITE」です。フルカーボンでもキャリアやフェンダーが取り付け可能な実用性を持ち、通勤やツーリングでも使えるという欲張りな1台です。価格は633,000円(税別)。

詳しくは、JAMISのWebサイトでどうぞ。

リンク: Jamis Bicycles – ジェイミスジャパン – Mountain Bikes, Road Bikes, Street Bikes

(Gen SUGAI)