ヤマハ発動機が電動アシストスポーツ自転車「YPJ」のティザーサイトを公開中


すでに一部のWebサイトで実写画像も出ているのでご存知の方も多いと思いますが、ヤマハ発動機が新しい電動アシストスポーツ自転車「YPJ」のティザーサイトを公開中です。

※その後ニュースリリースが発表されたので、追記あり

ypj_001

リンク: YPJ | ヤマハ発動機株式会社

ypj_002

2003年の東京モーターショーに「YPJ−01」という電動アシストロードバイクが参考出品されたましたが、ついに製品としての「YPJ」が出る日が近づいてきたようです。もっとも、コンセプトモデルだった「YPJ−01」よりは、ずっと現実的なものになる模様。

関連記事: クラシカルな双胴チューブ×ヤマハのハイテク:電動アシストのロードバイク「YPJ-01」 | CyclingEX

ypj_003

航続距離を長く、アシスト力を強く……というニーズに応えるうちに(それ以前の一時期は軽くなっていったのに)、どんどん重たくなっていって、自転車らしさからはかけ離れていった、電動アシスト自転車。

ypj_004

もちろん、「自転車と共通のインターフェースを持った、しかし自転車とは違う乗り物」と捉えれば、それはそれでアリでした。ただ、もう少し「自転車らしさ」を味わいたいのも事実。

一方で、電動アシストが自転車に新しい魅力を付加したことも間違いありません。自分でペダリングしないと前に進まない、だけどペダリングがアシストされるという、あの独特の感覚。アシストがない自転車とも、そしてアクセルをひねれば加速するモーターサイクルとも違う楽しさがあります。

実際に登場する「YPJ」は、従来の「PAS」の延長線上ではない、電動アシスト自転車を再定義するものだとヤマハ自身が説明しています。おそらく、自転車にある種の精神性や崇高さを求めている人にとっては興味の範疇外でしょうが(同時に製品のターゲットユーザーでも無いでしょう)、私は期待しています。

<2015年9月28日追記>

YPJの第1弾として「YPJ−R」が本日ヤマハ発動機より発表されています。発売は2015年12月10日と予告されています。価格は税込248,400円。

m-c1-1

リンク: 電動アシスト自転車の新スポーツブランド「YPJ」第一弾 ロードバイク「YPJ-R」を新発売 爽快な走行性能を実現した新コンセプトの軽量電動アシストスポーツ自転車 – 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社 企業情報

(Gen SUGAI)