Ternから日本人のためのストリートバイク「⌘ PROJECT」登場


フォールディングバイクブランンド「Tern(ターン)」の日本代理店を務めるアキボウは、Ternブランドの日本独自企画として「⌘ PROJECT(コマンド プロジェクト)」を発表しています。

20150902_akibo_cp

Tern Bicycles Japanは本日(2015年9月2日)、よりブランドの魅力を知っていただくために、新たなプロジェクト「⌘PROJECT(コマンド プロジェクト)」を始動、第一世代として個性溢れる4つのモデルをリリースしましたので、お知らせいたします。

リンク: Tern Bicycles Japan Official Blog: 日本人と呼応するクロスバイク 発表のお知らせ<

⌘PROJECTのラインアップとして発表されたのは、クロスバイク的な4つのモデル。日本においては、Ternを「フォールディングバイクブランド」と表現するのは適当ではなくなったかもしれません。

_DSC0064

そのコンセプトについて、同社のブログでは次のように書かれていました。

・そこまでスピードは求めてない。街中でしか乗らないし。ただカッコ良く、 かわいく乗りたいだけ。だったらわざわざ700Cを選ばなくても。
・街中で乗るなら漕ぎ出しの軽さと取り回しがよい650Cがオススメ。
・身長160cm台の男性や小柄な女性でもホリゾンタルの美しいフレームに乗りたい方へ。
・身長170cm台の方でも欧米人程手足が長くない日本人は650Cが美しい。
・大きな前後タイヤに挟まれた感があると、カッコ悪くない?
・700Cロードバイクで520サイズまでの方、650Cの方が最適なポジションを取れるかも。
・欧米人の平均体格から割り出されたフレームは、パーツを微調整しないと。でも見た目が・・・。
・650Cでツール・ド・フランスの山岳などで結果を出した選手もいるし、トライアスロン界での伝説の名車も存在する。
・踏み出しの軽さを感じてください。
・乗車の姿が格好悪いと恥ずかしい。やはり美しくあってほしい。

まぁ、これら自体はどこかで聞いたような話ではあり、しかもなぜTernの名の下に展開するのかという素朴な疑問はあるものの、程よいスペックとプライスで、かつ小柄な人でもカッコよく乗れるスポーツバイクの登場は喜ばしいことです。

というわけで、4モデル簡単に紹介します。

●RIP -リップ-(税別79,000円)

エアロデザインのフレームにディープリムという、わかりやすいスタイルのストリートバイクです。

_DSC0176

ダウンチューブを上から見ると……

_DSC0212

野菜が切れるかもしれません(切れません)。

●CLUTCH -クラッチ-(税込52,000円)

RIPよりはおとなしいデザインですが、小さなリア三角(フレームの後ろ半分の三角形)が、スポーティーな印象を与えています。

_DSC0068

フロントはシングルです。

_DSC0083

ボトルケージ台座がちゃんとあるのは良いですね。

●RALLY -ラリー-(税込69,000円)

こちらはうってかわって、クラシックスタイル。

_DSC0103

こういうスタイルの自転車は、やはりホリゾンタル(フレームの上辺が水平)が良いです。

_DSC0108

他のモデルと違ってやさしい雰囲気です。

_DSC0214

斜め後ろから。

_DSC0112

サムシフターを採用しています。

_DSC0116

フラットフェンダーも装備。

●GLEAM -グリーム-(税込172,000円)

最後の1台は、価格がグッと上がっていますが、前下がりのトップチューブとフィン加工が特徴のクロモリバイクです。

_DSC0179

こちらも650Cホイール。

_DSC0184

ヘッドチューブ付近。

_DSC0187

シートクランプ付近。

_DSC0190

フロントから。

_DSC0197

斜め後ろから。

_DSC0204

変速はダブルレバーです。

_DSC0177

こちらはカスタム例。現代的なスペックと懐かしさが同居しています。

製品の詳細は9月中旬に同社のブログで公開予定、一般向けカタログ、公式サイトは10月中旬に公開予定とのこと。現状の詳細は、同社のブログでどうぞ。

リンク: Tern Bicycles Japan Official Blog

(Gen SUGAI)