COLNAGO 2016年モデル:デザイン一新のCLXはアルテグラ完成車で販売


だいぶ前に本国サイトで発表された際に記事にした、COLNAGOの新型「CLX」。今までのCLXとはまったく異なるデザインなので、既存のユーザーを中心にさまざまな反響がありました。

COLNAGO CLX
COLNAGO CLX

新しいCLXは、「V1-r」の弟分といったような位置づけで、そのフレーム形状はV1−rにとても似ています。

こちらは「V1−r」
こちらは「V1−r」

先代CLXはコルナゴの中ではエアロ性能を重視したデザインでしたが、それと比較すると新しいCLXは大人しく見えるかもしれません。もっとも、新型CLXのデザインのもとになっているV1−rも、エアロ性能を重視した設計なのですが。

以下、CLXの実車フォトです。

_DSC0968

ヘッドチューブ付近。

_DSC0976

同じくヘッドチューブ付近です。

_DSC0973

独特な形状のダウンチューブ。

_DSC0971

BB付近を上方から。BBはC60やV1−rと同じ「スレッドフィット 82.5」。

_DSC0963

このあたりの形状もV1−rゆずり。

_DSC0978

シートステー。

さて、この新型CLXはシマノ・アルテグラ完成車のみでの販売となります。サイズは420S/450S/480S/500S/520S/540S/560S/580Sの設定で、価格は450,000円(税別)です。

カラーは冒頭のブラック×イエローの他に、下記の2色があります。

gowh_l

ホワイト。

gobk_l

マットブラック。

本国サイトにあった、ブラック×レッドは、日本のカタログには掲載されませんでした。

リンク:コルナゴ

(Gen SUGAI)