TREKのクロスバイク「7.4 FX」に2016年モデル登場

TREKの人気クロスバイク「7.4 FX」に、2016年モデルが登場しています。スポーツバイクデビューする初心者に「最初の1台」として選ばれることが多い「クロスバイクらしいクロスバイク」です。

TREK 7.4 FX(Crystal White)
TREK 7.4 FX(Crystal White)

GIANTのESCAPE RXシリーズと比べるとホイールベースが少々長めに取られていて、安定感に優れた設計となっているのが特徴です。昨日紹介したキャノンデールのQUICKよりも、もうちょっと安定感重視といったところ。

TREK 7.4 FX(Matte Trek Black)
TREK 7.4 FX(Matte Trek Black)

2015年モデルからはワイヤー類がフレーム内蔵式となり、見た目がスッキリしています。

TREK 7.4 FX(Firebrand)
TREK 7.4 FX(Firebrand)

そしてタイヤは、ある意味定番の700×32Cを採用。軽快感と安定感を両立させています。

TREK 7.4 FX(Volt Green)
TREK 7.4 FX(Volt Green)

TREKのアクセサリーブランド「Bontrager」のパーツ&アクセサリーとの親和性の高さも特徴です。

blender

Bontragerのライトやサイクルコンピューターをステム上にマウントできる「Blender」システム。

duotrap

Bluetooth & ANT+対応のセンサーをフレームに内蔵できる「DuoTrap S」。

また、キックスタンドをフレームに取り付けるための台座も備えています。

もともとステムやハンドルがBontragerなので、Bontragerのパーツ&アクセサリーを使うことで統一感も出すことができるでしょう。

マインコンポーネントはシマノ・アセラ(3×9S)、サイズは15、17.5、20、22.5インチの4種類で、価格は88,000円(税込)です。

また、女性向けに専用設計された「7.4 FX WSD」もあります。

TREK 7.4 FX WSD
TREK 7.4 FX WSD

こちらはサイズが13、15、17インチとなり、価格は同じく88,000円(税込)です。

そして、ひとつ下のグレードとなる「7.2 FX」とその女性バージョン「7.2 FX WSD」も、2016年モデルが登場しています。

TREK 7.2 FX
TREK 7.2 FX

7.2 FX(WSDも)は、リアの変速が8速となるほか、タイヤは7.4 FXよりも太い700×35Cとなっています。また、フレームがケーブル内蔵式ではないなどの違いがあります。

TREK 7.2 FX WSD
TREK 7.2 FX WSD

価格は、7.2 FX/7.2 FX WSDともに65,000円(税込)です。

詳細はTREKの製品情報ページでどうぞ。

7.4 FX – Trek Bicycle.

7.4 FX Women's – Trek Bicycle.

7.2 FX – Trek Bicycle.

7.2 FX Women's – Trek Bicycle.

また、TREK FXシリーズについては、TREKコンセプトストア「バイクプラス」のWebサイトでも詳しく紹介されています。細部写真もあるので、興味のある方はどうぞ。

クロスバイク|自転車専門店バイクプラス.

<2016/6/25追記>

TREK FXシリーズに2017年モデルが登場しています。

関連記事: TREKのクロスバイク「FX」シリーズに2017年モデルが登場 – CyclingEX

(Gen SUGAI)





1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。