ファットバイクでもスペックは妥協したくない人にオススメのS-WORKSもアリ!SPECIALIZED「FATBOY」シリーズ


ファットバイクがメーカー完成品として流通するようになって、10年ほどといったところでしょうか。2014年モデルあたりから大手のメーカー/ブランドも参入して活況を呈しています。今回は、スペシャライズドの2016年モデルから「FATBOY」シリーズの紹介です。

●S-WORKS FATBOY(税込880,000円)

思わず「誰得?」と言ってしまいそうになる、FATBOYのS-WORKSモデルです。まかさ、ファットバイクがS-WORKSを名乗るとは。

2016_fatboy_001

もちろんフレームはカーボンでフォークもカーボンのリジッドとし、軽量で剛性の高い車体を実現しています。コンポーネントはSRAM・XX1、そしてHEDのカーボンホイールを採用と、すごいスペックです。

DSC04112

フロントハブは15×150mmスルーアクスル、リアハブは12×197mmスルーアクスル、タイヤはスペシャライズドの「Fast Trak Control 26×4.0」です(サンプル車は異なるものを履いています)。

ファットバイクの走破性の高さを活かし、そして何よりも楽しさはそのままに、「でも、早く走りたい」「レースで良い成績を残したい」という欲張りな人にはオススメです!

●FATBOY TRAIL(税込280,000円)

こちらはうってかわって、トレイル仕様のFATBOYです。

2016_fatboy_002

フレームはM4アルミで、RockShoxのフロントサスペンション「Bluto RL」を装備することで、より高い走破性を持たせたモデル。

フロントハブは15×150mmスルーアクスル、リアハブは190mmクイックリリース、タイヤはスペシャライズドの「Ground Control 26×4.6」です。

●FATBOY(税込235,000円)

M4アルミフレームとカーボンフォークを採用した、FATBOYの標準モデルです。

2016_fatboy_003

フロントハブは135mmクイックリリース、リアハブは190mmクイックリリース、タイヤはスペシャライズドの「Ground Control 26×4.6」です。

●FATBOY SE(税込178,000円)

大人用のFATBOYシリーズとしては、もっとも安価なモデルです。

2016_fatboy_004

フロントフォークはアルミ製。また、上位モデルはすべてフロントシングルでしたが、このSEのみ変速が2×10スピードとなっています。

フロントハブは135mmボルトオンアクスル、リアハブは190mmボルトオンアクスル、タイヤはスペシャライズドの「Ground Control 26×4.6」です。

●FATBOY 24(税込99,000円)

親子でファットバイクが楽しめる!24インチモデルです。

2016_fatboy_005

子供がまたがりやすいフレーム形状になっています。シューズの紐やズボンの裾を噛んだり汚したりしないように、チェーンガードが付いています。

●FATBOY 20(99,000)

いちばん小さな、20インチバージョンです。

2016_fatboy_006

小さなフレームに太いタイヤで、かわいらしいルックスになっていますね。

以上、FATBOYシリーズの各モデルでした。

すごいスペックのS-WORKSが目立ちますが、トレイル向けからジュニア/キッズモデルまで、幅広いランナップが用意されています。家族でファットバイクを楽しみたい!という人にも、オススメと言えるでしょう。

ちなみに、記事中にあるように(そして多くのファットバイクがそうであるように)、同じ26インチでも各モデルごとにハブの規格が異なっています(エンド幅が違ったり、スルーアクスルだったりQRだったり等)ので、実際に購入する人はそのへんも頭の片隅に入れておきましょう。

(Gen SUGAI)