東京にける自転車走行空間の構築を具体的な路線で提言する「+1LANE PROJECT」

自転車活用研究会が「+1LANE PROJECT」というキャンペーンサイトを立ち上げました。

141108_plusone

+1 LANE PROJECT – TOKYO自転車シティ化計画.

趣旨は明快。

141108_map01_l

2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに、自転車の通行環境を「ネットワークで」構築しようということを「具体的な路線名を挙げて」提言するということ。

141108_example

2020年までに実現できるであろう整備例として、3つ挙げられています。

賛同する方は、+1 LANE PROJECTのトップページにある黄色い「いいね!」ボタン(Facebookとは無関係)ボタンをクリックするという、これまた簡単な仕組みです。

提言の内容等については、+1 LANE PROJECTのWebサイトでどうぞ。

私自身は、罵声罵倒路線をやめない自活研そのものにはあまり興味がないのですが、このキャンペーンは都知事選のキャンペーンと同じ仕掛け人でもあり、期待を持って「いいね!」をしておきました。

+1 LANE PROJECT – TOKYO自転車シティ化計画.

(Gen SUGAI)



作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。