ANCHOR 2015年モデル:ネオコットクロモリのロードバイク「RNC7」と「RNC3」


先日はブリヂストン・アンカーの2015年モデルとして、650BにモデルチェンジしたネオコットクロモリフレームのMTB「XNC7」を紹介しました。ではネオコットクロモリのロードバイクはというと、こちらはフレーム自体は2014年モデルからの継続となっています。

まずは、ネオコットクロモリ・プロフェッショナルフレームの「RNC7」。

DSC01921

こちらのカラーは「レーシングオレンジ」です。

2014年モデルの途中で完成車の「RNC7 EQUIPE」が新型105仕様になりましたが、2015年モデルでももちろん踏襲されています。

140930_rnc7_eq_QJ

こちらのカラーは「レーシングダークシルバー」。

140930_rnc7_eq_QL

そしてこちらは「レーシングレッド」。

11種類のレーシングカラーが設定される他、単色カラーオーダーももちろん可能。ステム長やハンドル幅が選択できるのもアンカーならではです。価格は完成車の「RNC7 EQUIPE」が税別240,000円、フレームセットの「RNC7 FRAME」が税別160,000円となっています。なお、選択するパーツによって価格は異なってきます。

そして、チューブの加工を簡素化した廉価モデルの「RNC3」も引き続きラインナップされます。

こちらは、上位の完成車が105仕様になりました。

140930_rnc3_eq_l

完成車の「RNC3 EQUIPE」は税別185,000円、フレームセットの「RNC3 FRAME」は税別95,000円です。カラーオーダーやセレクトパーツにも対応します。

そして、カラーオーダーやセレクトパーツに非対応の、もっとも安価なグレードが「RNC3 EX」。

140930_rnc3_ex_blue_l

こちらは、シマノ・ソラ仕様の完成車で、価格は税別130,000円となっています。

各製品の詳細は、アンカーのWebサイトでどうぞ。

ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor.

(Gen SUGAI)