カスタムSURLY大集合!2014 SURLY JAPAN TOUR – 犬山城下町ツアー&カスタムコンテスト レポート(2)


前回からの続き)SURLYの本国スタッフが日本を訪れ、各地を回りユーザーと交流する「2014 SURLY JAPAN TOUR」の一環として開催された「犬山城下町ツアー&カスタムコンテスト」のレポート後編、いよいよカスタムバイクの紹介です。どれもすてきな自転車だったのですが、全部を掲載するわけにもいかず、泣く泣く絞らせていただきました。

というわけで、どんどん行きます。

DSC01379

ハンドルがすてき。

DSC01392

自転車に自転車!

DSC01515

どうしても使いたいキャリアがあるとのことで……

DSC01517

ワンオフのステー。

DSC01551

コーディネートの行き届いたCROSS-CHECK。

DSC01556

山で遊べそうな1台。

DSC01567

白い!こんなカラーコーディネートも似合ってしまいます。

DSC01570

マットカラーで塗り直しています。

DSC01588

リアの短いフェンダーが特徴。

DSC01600

さわやかなCROSS-CHECK。

DSC01603

ステムがお気に入り。

DSC01606

赤と黒のバランスが絶妙です。

DSC01536

上品にまとっめられた1台。ネギも違和感なし!

そしてカスタムバイクコンテンストでナンバーワンに輝いたのが、

DSC01576

こちらのTRAVELERS-CHECKでした。

DSC01654

全体の雰囲気から細かいパーツチョイスまで、SURLYのスタッフたちが絶賛していました。

DSC01651

講評をするSURLYの3人と、バイクのオーナーさん、そしてモトクロスインターナショナルの岡本社長。

なんと受賞者にはSURLYのフレームがプレゼントされていました。おめでとうございます!

最後に、2014 SURLY JAPAN TOURを回っている側のバイクも紹介。

DSC01368

Andy. (ICE CREAM TRUCKのプロトタイプ)

DSC01373

Adam.

DSC01386

Peter.

DSC01377

Eiji (Motocross International) .

バイクの紹介は以上です。

それにしても多種多様ですよね。製品ラインアップ自体はそれほど多いわけではないと思いますが、オーナーの数だけバイクの個性があるという感じがしました。

今回お世話になったWakkaの川口さんとは「なんだかSRみたいですね」と話をしました。SRとは、オートバイのヤマハ・SRのこと。

SR400 – バイク スクーター | ヤマハ発動機株式会社.

SRって、トラッカーにしてもカフェレーサーにしてもいいし、チョッパーにしてもいい。もちろん、サイドバッグを付けて旅に出たっていい。そういう、オーナーのいろいろな想いを受け止める自由さがあります。SURLYも、ストイックになりすぎず、自由に楽しめることができる自転車なのでしょう。それが、カスタムアイディアにも出ているのだと思います。

というわけで、「2014 SURLY JAPAN TOUR – 犬山城下町ツアー&カスタムコンテスト」を駆け足で紹介しました。最後になりますが、SURLY、モトクロスインターナショナル、Wakkaの皆さま、ありがとうございました。

モトクロスインターナショナル.

Wakka | 自転車 完成車 カスタム | 犬山市でSURLY PUGSLEY,MOONLANDER,KRAMPUS等、試乗いただけます.

(Gen SUGAI)