ダートだってOK!? ロードレーサーでもなければツーリング車でもない、ドロップハンドルのスポーツ自転車たち(4)Panasonic ORCD01

ロードレーサーでもなければツーリング車でもない、オンロードもダートも行けちゃうドロップハンドルのスポーツ車を紹介するシリーズ。今回はPanasonicのPOSから、「ORCD01」です。

140625_ORCD01_001

ORCD01/FRCD01 | ロード/クロモリ | POS | 自転車 | Panasonic.

以前にも紹介していますが、やっぱりかっこいいですね、これ。

ディスクブレーキ専用設計の、ロングライド向けクロモリフレームです。重心を低めにして走行安定性を高めているほか、ディスクブレーキの制動力に対応するために、ロストワックス製のオリジナルエンド、オーバーサイズのカーボンフォークを採用しています。

140625_ORCD01_002

ディスクブレーキ専用のカーボンフォーク。

140625_ORCD01_003

リアのブレーキ周り。

140625_ORCD01_004

フレームセットにもブレーキキャリパーが付属しています。

タイヤは700×28Cまで対応。32C等の太いタイヤが入るわけではありませんが、舗装の荒れたところやフラットダートならOK。商品説明には、

また28Cサイズのタイヤまで装着できるので、荒れた路面の旧道を巡る「グラベル系」のサイクリングスタイルにも対応する。あなたを冒険に誘う性能をぜひ味わっていただきたい。

……と書かれています。

完成車重量は10.0kg(550mm)、価格は完成車が235,000円(税別)~、フレームセットの「FRCD01」が140,000円(税別)となっています。

POS(パナソニックオーダーシステム) | 自転車 | Panasonic.

(Gen SUGAI)




作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。