CyclingEX 5周年記念「自転車は左」シェア&プレゼントキャンペーン

唐突ですが、自転車が車道を通るときは「左側通行」なんです。右側を走ることを「逆走」と言います。「逆走」は、正面衝突や出会い頭衝突のリスクが高く、とても危険です。あなたと周りの人のために、どうか「左側通行」で。ひとつ、よろしくお願いいたします。

left

2009年4月21日に、Tumblr上で発した思いつきの一言からスタートしたCyclingEXが、今日、シレっと5周年を迎えました。こんなニッチなブログに、毎日2,500前後のユニークユーザーが訪れています。ありがたいことです。トータルの記事件数も、つい先日2,500件を超えました。

さて、そんなCyclingEXの5周年を記念して「自転車は左側通行」というメッセージをみなさんにシェアしていただき、実際にシェアしてくださった方の中から抽選で、ちょっとしたプレゼントが当たるキャンペーンを行います。

題して『CyclingEX 5周年記念「自転車は左」シェア&プレゼントキャンペーン』です。

このキャンペーンにあたって用意したのが、冒頭の画像というわけ。

この画像とこの記事のURLを含んだ文言を、CyclingEXのTwitterアカウントでツイートしますので、ぜひみなさん、公式RTしてください。公式RTした方の中から抽選でプレゼントが当たります。

公式RTしていただくツイートはこちらです!

プレゼントはこちらです!

●マティーノ賞

・ノベルティグッズセット 3名様

墨田区本所のサイクルショップ「マティーノ」さんからご提供頂いた、各社のノベルティグッズです。

SRAMの卓上カレンダー、IRCタイヤのケータイストラップ、メリダのズボン裾バンド、そして自転車業界でノベルティと言えば!の、マヴィックのボールペンをセットにします。

DSC00498

3名様に差し上げます。マティーノさん、ありがとうございます!

●たかだフレンド賞

・マグネット付き作業エプロン 1名様

東京都町田市のサイクルショップ「たかだフレンド」からご提供頂いた、マグネット付きの作業エプロン。某社が販売店向けに配っていたものだそうです。ロゴを見ればわかりますね(笑)

DSC00502

なお、胸の部分にマグネットがありますので、医療機器をお使いの場合は注意していただく(使用をご遠慮いただく)必要があります。

たかだフレンドさん、ありがとうございます!

●CyclingEX賞

・A賞 ボトル&スポーツドリンク粉末セット 1名様

ボトルと粉末ドリンクをセットにしました。

DSC00494

ボトルは、一昨年だかのツール・ド・沖縄で参加チームに配布されたボトル。いわゆる「捨てボトル」的に使われるものなのでキャップの作りがちょっと荒いですが、これとは別の1本を自分でも使用して、問題なく使えることは確認しています。

ドリンクの粉末は、CCDをお付けします。賞味期限は2014年9月となっていますので、当選した方は夏の間に使ってくださいね。

・B賞 メンテナンス用オイルセット 1名様

アキコーポレーションの展示会で頂いた、オロンタスのチェーンオイルのセット。

DSC00500

見た目がしゃれてますねー。ドライ用と標準〜ウェット用をセットで1名様に。

4/22追記:プレゼントが追加されました!

●PedalFar!賞:漕野ペダル(ペダルたん)ウインドベスト 1名様

プレゼントに1品追加! 書籍「自転車で遠くへ行きたい。」や「追い風ライダー」、そしてロングライド好きのコミュニティで知られる「PedalFar!」さんが、オリジナルキャラクター“漕野ペダル(ペダルたん)”がデザインされたウインドベストをご提供くださいました! サイズは、S、M、XLからお選び頂けます。

140422_pedalfar

このウインドベストが欲しい!という方は、応募にあたってお願いがあります。対象となるツイートを公式RTした後で、次の文言をツイートしてくださった方の中から優先的に抽選対象とさせていただきます!

<文言ここから>

【自転車は左!】ペダルたんベスト欲しい!○サイズ! #ペダルたんベストプレゼント

<文言ここまで>

○の中にはS、M、XLのうち希望サイズを、そして「#ペダルたんベストプレゼント」のハッシュタグも入れてください。お手数ですが、希望する方に優先して当たるようにしたいと思うので、よろしくお願いいたします! すでに公式RT済みの方も、上記ツイートをしてくだされば大丈夫です!

「PedalFar!」さん、ありがとうございます!

プレゼントは以上です。

応募締め切りは、2014年4月25日(金)RT分までです。

すみませんが、プレゼントは選べません。何が当たるかはお楽しみに! なお、当選された方にはTwitter上でのリプライ or DMでご連絡いたしますので、よろしくお願いいたします。

さて、肝心な「自転車は左」について書かせてください。

自転車は軽車両と位置づけられており、原則として左側通行となっています。

まず、歩道と車道の区別がある道路で、車道を走る場合。もちろん、左側の車道を走ります。そして、歩道が無い道路を走る場合も、やっぱり左側通行です。歩道が無い道路では「路側帯」が設けられている場合がありますが、自転車が通行できる路側帯も「左側にある路側帯」だけです。

路側帯について、神奈川県警のWebサイトより引用します。

Q:自転車は路側帯を通行することができるの?

A:

はい、路側帯を通行することができますが、次のことに気をつけてください。

路側帯には、3つの種類(路側帯、駐停車禁止路側帯及び歩行者用路側帯)がありますが、このうち、歩行者用路側帯は、自転車は通行することができません。

自転車が通行することができる路側帯内であっても、歩行者の通行の妨げとなる場合は通れません。

自転車が路側帯を通行する場合、道路の左側に設けられた路側帯に限られます。 路側帯内で双方向に通行することはできません。(平成25年12月1日施行)

hidari_kanagawa_kenkei

引用元: 神奈川県警察/自転車に乗るときのルールとマナー.

みんながルールを守って自転車で左側を通行し、そしてクルマやオートバイも左側を通行する。そんな中、自転車で右側通行(逆走)をすると、正面衝突のリスクがとても高くなります。クルマの車列からは、逆走をする自転車はたいへん見えにくいものです。見えにくい上に、40km/hで走るクルマと、20km/hで逆走する自転車とは、ものすごいスピードで近づいてきます。40km/hで走るクルマが20km/hで同じ方向に走る自転車を追い抜くのとは、わけが違うのです。

また、自転車で逆走をすると、出会い頭の事故に遭う可能性も高くなります。ちょっと考えればわかりますよね。直交する道路の手前側から飛び出してくるのと、奥のほうから飛び出してくるのとでは、遭遇するまでの時間に差があるということは。

というわけで、書くと長いんですよね。そこでまずは、メッセージを記した画像をTwitterでシェアしよう!というのが主旨です。

最後にもう一度。公式RTしていただくツイートはこちらです!

ぜひ、みなさんのお力添えを、そして、ご応募を。よろしくお願いいたします!

(Gen SUGAI)






BikeConscious


1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。