駅近でも自転車の機動力が勝る!:産経デジタル「Cyclist」自転車通勤記事の第14回目が掲載されました


産経デジタル「Cyclist」にて不定期連載中の自転車通勤記事「じてつう物語」に、第14回目の原稿がアップされました。

130722_cyclist

自宅も勤務先も、鉄道の駅からそう離れていない片山さんだが、通勤手段は、朝から雨でも降っていない限りは自転車だ。駅から近く、電車の本数が少ないわけでもないのに自転車通勤を選択するいちばんの理由は、自転車のほうが速いから。

引用元: 自宅も職場も駅チカだけど、それでも自転車のほうが速い! 片山雄司さん – cyclist.

というわけで、今回のポイントは、駅近にお住まいで、職場も駅の近く。利用する鉄道路線はどれも比較的高い頻度で運転されているにも関わらず「鉄道より自転車が速い」というところ。

これには理由があって、鉄道では乗り換えが必要であること、そして職場の最寄り駅が急行通過駅であることによって、時間のロスが生じてしまうのですね。もうひとつ付け加えると、手前の駅止まりの電車が多いので、これも時間ロスの原因になってしまっています。

というわけで、詳しくは産経デジタル「Cyclist」の記事をご覧下さい。

(Gen SUGAI)






Rbl2012_m