ANCHOR RS8にリア11速の新型105を搭載した限定モデルが登場


ブリヂストンサイクル「ANCHOR(アンカー)」のロードバイク2014年モデルの中で、上位機種RIS9の思想を受け継ぎながらお求めやすい価格を実現して注目されている「RS8」。そのラインナップに、シマノの新型105を搭載した限定モデルが加わります。

シマノのロードバイクコンポーネント「105」が、リア11速にモデルチェンジすることは、すでにサイスポのWeb等で報じられているのでご存知の方が多いと思います。

となると、当然、各ブランドの完成車スペックも、シーズン半ばで変更になると予想されます。

アンカーからはまず、ミドルグレードのレース向けフルカーボンフレーム「RS8」の限定車として、リア11速の新型105を採用したロードバイク完成車を投入します。モデル名は「RS8 EPSE」。カラーオーダーやパーツの変更には対応しませんが、198,000円(税別)という完成車価格は魅力的です。サイズは460、490、520、550の4種類、カラーは写真のレーシングイエローの他、レーシングレッドが用意されます。

140416_rs8

発売は、6月上旬の予定です。

ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor.

(Gen SUGAI)






BikeConscious