1961年の「ツバメ自転車」カタログから


最近、古い自転車の話題が続いていますが、もう少しお付き合いください。新家工業さんから1961年の「ツバメ自転車」カタログを画像化したものをご提供頂きました。その一部を、ここで紹介したいと思います。

金ツバメ軽快車。軽快さと実用性を両立したスマートな自転車、とのこと。

140224_araya_001

価格は24,500円。大卒の初任給が16,000円くらいの時代です。

金ツバメスーパースポーツ車。

140224_araya_002

ミキストフレームで「男女兼用」という位置づけになっています。スーパースポーツを名乗っていますが、見た目は実用車っぽいですね。こちらも、価格は24,500円。

そして、金ツバメトップツアー車。

140224_araya_003

カーブしたトップチューブが上品なイメージです。ブレーキがロッドではなくワイヤー式になっています。価格は28,000円。サイクリング向けの高級車です。

こちらは、銀ツバメスポーツ車。

140224_araya_004

価格は19,800円。

最後に、銀ツバメ婦人車。

120424_araya_005

こちらも、価格は19,800円です。

こうやってみると、とくにダイヤモンド型のフレームは、それが実用車と名乗ろうが軽快車と名乗ろうが、70〜80年代のジュニアスポーツ車であろうが、ロードバイクであろうがMTBであろうが、とても安心してみていられる「自転車らしい」普遍的なスタイルだと思います。

カタログデータをご提供頂いた新家工業・Nさんは『普遍性と言うよりも、トラス構造でしかるべきカタチ』とおっしゃっていました。ふたつの三角形を持つダイヤモンド型フレームは、120年以上存在しているわけで、それはやはり、構造的な理由が大きいのでしょう。

だからこそ「それを打ち破りたい」と、新たな形状にチャレンジするデザイナーが多いのかもしれません。壁は高そうですが。

(Gen SUGAI)






BikeConscious