10th TOJはウラジミール・デュマが総合優勝

今年はTOJ見に行けませんでした。ちょっと忙しかったのと、気持ちが盛り上がらなかったのと両方あるんですけど、修善寺を見に行こうと思っても前日の金曜日が終日拘束で取材〜ミーティング〜取材のコンボ連発で、土曜日は寝込んじゃったんですねぇ。



それはともかく、総合優勝はウラジミール・デュマ(ユニバーサルカフェ)でした。デュマ自身がパナリアやランドバウクレジットに所属していた頃ジロ・デ・イタリアでバリバリ走っていた選手だし(2004年のジロもポポビッチのアシストしてきっちり完走)、東京ステージを制したチームメイトのライヴィス・ベロフォシクスも、ツール・ド・スイス等でステージ優勝経験を持つ選手。昨年のカルデナス同様、役者が違うのでした。