ツアー・オブ・ジャパン 第1ステージはオーストラリア代表が制する

リンク: 9th TOUR OF JAPAN RACE NEWS.

ついに始まりました、TOJこと第9回ツアー・オブ・ジャパン。大阪で行われた第1ステージは、オーストラリア代表のマシュー・ゴスが余裕のスプリントで制しました。このマシュー・ゴス選手、トラックのワールドカップなどでも活躍しているようです。

当ブログでは伊豆と東京の観戦レポートをお送りする予定です。

[1st stage OSAKA]
1st No.23 GOSS Mathew [AUS]
2nd No.22 SANDERSON Nicholas [AUS]
3rd No.74 BAZAYEV Assan [CAP]

[個人総合時間賞]
st No.23 GOSS Mathew [AUS]
[個人総合ポイント賞]
st No.23 GOSS Mathew [AUS]

作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。