小さめのサイズも追加されたRITEWAYのスチールフラットバーロード「SHEPHERD IRON F」

ライトウェイプロダクツジャパンのオリジナルブランド「RITEWAY」の2017年モデルが発表されています。今回はその中から、スチールフレームのフラットバーロード「SHEPHERD IRON F」を紹介します。

DSC05914

2017年モデルのライトウェイは、全体的にデザインが引き締まった印象があります。

DSC05916

シルエットの美しさを狙ってヘッドチューブを短めにした設計。その分、人によってはどうしてもコラムスペーサーが多めに入りますが、フラットバーということもあって、違和感は少なめです。台座がスペーサーを兼ねたベルが装備されています。

DSC05920

メインコンポーネントは、シマノ・ターニーTX。フロントのクランクセットはトリプル(48×38×28T)です。

DSC05923

リアディレーラーも、ターニーTX。

DSC05926

リアは8速(12-32T)となっています。

DSC05949

安価なグレードとはいえ、ハブやBBなど目だたいところまでシマノ製で統一されているSHEPHERD IRON Fですが、ブレーキはさすがにテクトロでした。

DSC05933

タイヤは700×28Cを装備しています。

カラーは、ミマルホワイト(冒頭のバイク)、フォレストジュエルグリーン、マットブラック、デニムブルー、ディープレッドの全5種類。

DSC05944

フォレストジュエルグリーン。

DSC05938

マットブラック。

DSC05935

デニムブルー。

DSC05941

ディープレッド。

フレームサイズは、従来の510mmと540mmに加えて、小さめの380mmが追加されています。ディープレッドの車体が、その380mmサイズです。

価格は61,800円(税別)。詳細はライトウェイプロダクツジャパンのWebサイトでどうぞ。

情報源: SHEPHERD IRON F | ライトウェイバイクブランドサイト

DSC05946

そうそう、相変わらずネコがいますよ。

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです