こういうところでコケそうになる

レース等での落車とは関係なしに、街乗りやサイクリングで自転車に乗っていて、転びそうになったことありますか? もしくは転んでしまったことは? 今日は、街中に潜む「コケそう」なポイントをひとつ紹介します。

IMG_8144

ここは、とある郊外にある川沿いの道路です。サイクリングロードではなく、一般道。

IMG_8145

継ぎ目って、こんなふうになっているんですね。コンクリートとアスファルトに段差がありますし、鉄の構造物も危険な香りがします。

IMG_8146

コンクリートとアスファルトの境目には隙間もあります。23Cのタイヤなら、ずっぼりはまりますね。ここに、ついついタイヤが取られてしまう……というのが、ありがちなパターン。

とくに、橋のある箇所で道路を横断するとき、しかもこの写真のように信号もないところですと、一時停止をすることになります。そして再発進のとき、ついヨロッ……と段差に近づいてしまうというわけです。低速時ですと、そんなことでも転んでしまう原因になります。

手前からやってきて、左折して橋を渡りたいときも要注意。一時停止して再発進して、走り出しの極低速で左に曲がると、継ぎ目の段差に浅い角度で入ってしまい、ズルッ……といってしまいます。

自分はわかっていても、ビギナーの人といっしょに走っていると、その人が転んでしまうこともあります。まぁ、私など下手なので、未だに「おっと……」ということがありますが。

(Gen SUGAI)




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like