小さなフレームで重宝 – サイドから出し入れ可能なボトルケージ「ELITE CANNIBAL」

小さなスローピングフレームで意外と苦労するのが、ボトル。フレームの三角形が小さいから、出し入れするためのスペース的な余裕が少なくなってしまいます。ダブルボトルにしたときのシートチューブ側も、出し入れしづらくなりがちです。

そこでよく使われるのが、サイドからも出し入れできるボトルケージ。中でも「ELITE CANNIBAL(エリート・カンニバル)」は、左右どちらからも出し入れできるのが特徴です。

140108_002

エリート カンニバル ボトルケージ:1,686円(5%税込)

そして、このカンニバルにカーボンバージョンが登場しました。

人気のニューデザイン「カンニバル」のフルカーボンバージョンが登場です。

引用元: 《ELITE:新製品情報》 サイドからの出し入れもしやすいフルカーボンケージ「カンニバルカーボン」と 人気のファイバー製ケージ、「カンニバル」や「カスタムレース」、 「メジョレース」のニューカラーが入荷いたしました。 | RIOGRANDE.

140108_001

エリート カンニバル・カーボン ボトルケージ:8,410円(5%税込)

小さなフレームでボトルの出し入れに少し不自由している……という方は、こうったサイドから出し入れできるタイプを試してみてはいかがでしょう。樹脂製なら安価だから、わりと気軽に色々試せるのではないかと思います。

(Gen SUGAI)







BikeConscious

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです