広島県がタンデム自転車解禁

以前からタンデム解禁を検討中であることが伝えられていた広島県ですが、ついに10月1日から解禁となるそうです。


「タンデム自転車」公道解禁…来月から広島県内 : 地域経済ニュース : 経済 科学 : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

サドルとペダルが2組ある「2人乗りタンデム」自転車が、10月から広島県内の公道で運転できるようになる。尾道市は、観光客らに自転車歩行者道のあるしまなみ海道を走ってもらおうと、生口島の瀬戸田サンセットビーチ(尾道市瀬戸田町垂水)にレンタル用として5台を導入する。市の担当者は「カップルや家族、友人同士で、会話をしながら沿道の景色を楽しんでほしい」とPRしている。


まず「しまなみ海道」でのタンデムサイクリングを実現するために、8月に愛媛県がタンデムを解禁。本州側の広島県も、それに続いたかたちとなりました。


関連記事:愛媛でタンデム解禁、広島も検討中


生口島に導入されるというレンタル自転車、読売の記事を見る限りは、プログレッシブの製品のようですね。


100929_prog

(須貝弦)










Road2010_top_mini

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです