レジャーとしてのサイクリングを重視したGPSサイクルコンピューター「Garmin Edge Explore 2」

ガーミンジャパンが、GPSサイクルコンピューター「Edge」シリーズの新機種として、トレーニングよりもナビゲーション機能を重視した「Edge Explore 2」の発売を開始しています。

photo_ガーミンジャパン

アメリカ発GPS機器のパイオニア、ガーミンジャパン株式会社(以下 Garmin)は、サイクルコンピューターEdgeシリーズより、ナビゲーション機能に特化した『Edge Explore 2(エッジ エクスプローラー 2)』『Edge Explore 2 Power(エッジ エクスプローラー 2 パワー)』を2022年9月22日(木)に発売します。予約受付は、2022年9月15日(木)より開始いたします。

情報源: GarminのGPSサイクルコンピューターEdgeシリーズより 初めてでも安心・使いやすい“サイクルナビゲーター”登場 『Edge Explore 2』『Edge Explore 2 Power』9/22(木)発売 | プレスリリース | Garmin 日本

photo_ガーミンジャパン

サイクリスト向けの機能を強化していくうちに、トレーニングのための情報インターフェースという印象を強くしていったEdgeシリーズですが、今回登場したEdge Explore 2 Powerは、日本向けとしては初めて、レジャーとしてのサイクリングをターゲットにナビゲーション機能を充実させたもの。

photo_ガーミンジャパン

昭文社日本詳細道路地図を搭載し自転車専用道やサイクリングロードも表示、加えてGPS情報をもとに高度・勾配情報も提供します。もちろん、ルート案内機能を備え、ナビゲーションとして利用可能です。

ナビゲーションならスマートフォンで事足りるところではありますが、Edge Explore 2は日差しが強い環境でも画面が見やすくて熱に強く、バッテリー持続時間が約16時間と長いのがメリットと言えるでしょう。

photo_ガーミンジャパン

E-BIKEのバッテリーと接続し充電しながら使用できる「Edge Explore 2 Power」も用意されています。

製品情報のページに取扱説明書へのリンクがあるので、購入を検討する人は目を通しておくとよいのではないでしょうか。

<共通事項>
ディスプレイ:3.0インチフルカラー/タッチスクリーン
稼働時間:約16時間
防水:IPX7
接続機能:ANT+、Bluetooth
衛星測位:GPS、GLONASS、Galileo、みちびき(補完信号)
高速CPU採用
センサー:気圧高度計、加速度計
その他の機能:LiveTrack※1、ライダー間メッセージ※1、ConnectIQ、Variaレーダー対応、
※1 Bluetooth対応スマートフォンとの接続が必要

●Edge Explore 2
サイズ:106.1x 55.7 x 20.6 mm
重量:104g(本体のみ)
ディスプレイ:3.0インチフルカラー
価格:52,800円(税込)
同梱品:ステムマウント、USB-Cケーブル、マニュアル

リンク: Edge Explore 2 | スポーツ&アウトドア | Garmin 日本

●Edge Explore 2 Power
サイズ:106.1x 55.7 x 20.6 mm
重量:104g(本体のみ)
ディスプレイ:3.0インチフルカラー
価格:60,800円(税込)
同梱品:パワーマウント、USB-Cケーブル、マニュアル

リンク: Edge Explore 2 Power | スポーツ&アウトドア | Garmin 日本

(SUGAI Gen)

自転車が絡む読み物や自転車生活に役立つ商品の紹介を、新しい「CyclingEX」に掲載しています。