定番クロスバイク:2023年モデルのGIANT ESCAPE R シリーズは74,800円(税込)から

日本市場で「定番」とされるクロスバイクの中でも代表的な存在が、GIANT(ジャイアント)の「ESCAPE R(エスケープR)」シリーズです。

photo_ジャイアント

その2023年モデルラインナップを紹介しましょう。まずはユニセックスモデルから。

ESCAPE R DROP

photo_ジャイアント

「はじめてのスポーツ自転車」に選ばれることが多い、ESCAPE Rシリーズ。スポーツ自転車の魅力にハマりカスタムをしだすと、ドロップハンドルに換装しようと試みる人も少なくありません。そこで——かどうかはわかりませんが、近年GIANTが自らドロップハンドルバージョンを出しています。

フラットハンドルの自転車をハンドルだけドロップに換装すると、握る位置が大幅に前へ移動する、つまりハンドルが極端に遠くなり、乗りにくい自転車になります。しかし、ESCAPE R DROPはトップチューブをあらかじめ短めに設計しており、ドロップハンドルに最適化されているのです。

したがって、フラットハンドルのESCAPE Rをドロップハンドルに換装しても、このESCAPE R DROPとは同じにはなりません。

価格:104,500円(税込)
リンク: 2023 GIANT Bicycles | ESCAPE R DROP

ESCAPE R DISC/ESCAPE R DISC MS

ESCAPE R DISC photo_ジャイアント

フラットハンドルで、かつディスクブレーキを採用したのがESCAPE R DISCです。シマノ製の変速パーツをメインに採用した「ESCAPE R DISC」と、マイクロシフト製の変速パーツをメインに採用した「ESCAPE R DISC MS」の2種類があります。

どちらか選べるというよりは、コロナ禍以降の部品供給が不安定な状況に対応するためにこうなった——と考えるほうが自然です。したがって「あるほうを買う」ことになるでしょう。

一般的には、価格が高いシマノ版のほうが変速性能に優れるとされていますが、マイクロシフトの変速パーツでも当然問題なく機能はします。

価格:
ESCAPE R DISC:93,500円(税込)
リンク: 2023 GIANT Bicycles | ESCAPE R DISC

ESCAPE R DISC MS:89,100円(税込)
リンク: 2023 GIANT Bicycles | ESCAPE R DISC MS

ESCAPE R3/ESCAPE R3 MS

ESCAPE R3は、Vブレーキを採用したベーシックモデルです。このESCAPE R3にも、シマノ版とマイクロシフト版が用意されています。


スポーツ自転車がはじめての人でもスッとなじみやすい乗車姿勢や、持っても軽く走っても軽いという、ビギナーのスポーツ自転車に対する期待にわかりやすく応える1台です。

価格:
ESCAPE R3:79,200円(税込)
リンク: 2023 GIANT Bicycles | ESCAPE R3

ESCAPE R3 MS:74,800円(税込)
リンク: 2023 GIANT Bicycles | ESCAPE R3 MS


ここからは、GIANTの女性向けブランド「Liv(リブ)」から発売されているものです。

Liv ESCAPE R W DISC

ESCAPE R DISCを、女性向け専用設計としたものです。具体的にはフレームの設計からして異なりますし、サドルなどカラダに触れるパーツの形状も差別化されています。

上の写真のように、GIANTとLivとではサドルの形状が違うんです。

価格:93,500円(税込)
リンク: 2023 Liv Cycling | ESCAPE R W DISC

Liv ESCAPE R3 W

photo_ジャイアント

ESCAPE R3の女性向けバージョンで、フレーム設計や体に触れるパーツが女性向けにアレンジされているのは、ディスクブレーキモデルと同様です。

価格:79,200円(税込)
リンク: 2023 Liv Cycling | ESCAPE R3 W


2022〜2023年も、乗りやすさや入手のしやすさなどの面などから、ESCAPE R3がおすすめのクロスバイクであることには変わりありません。

2020年モデルでは52,000円(税込)で手に入ったESCAPE R3が、一度モデルチェンジを挟んでいるとはいえ今や7万円台中盤〜後半と、インフレの影響をモロに受けています。ただ、他メーカー・他ブランドも同様に値上がりしているのも事実です。

もはや、安心して乗ることができる「本当の意味でのコスパ最強クロスバイク」は、Vブレーキモデル(ディスクブレーキではないもの)で7万円台からというのが、当面の常識ということになるのでしょう。

(SUGAI Gen)

自転車が絡む読み物や自転車生活に役立つ商品の紹介を、新しい「CyclingEX」に掲載しています。