Tern 2021年モデル:エアロデザインに磨きをかけたミニベロ「SURGE X」

フォールディングバイクがメインのTern(ターン)の中で異彩を放つのが、ノンフォールディングのストリート向けライン「ROJI BIKES」だ。今回紹介する「SURGE X(サージュ・カイ)」は、エアロデザインのミニベロ「SURGE」シリーズに追加されたフラッグシップモデル。

photo_アキボウ

ひと目見た印象ではSURGEシリーズと同様のフレームに豪華なパーツを搭載したようにも見えるが、実は「X」のために別のフレームを採用している。横から見た際に、ダウンチューブのボリュームが増しているのが特徴だ。

photo_アキボウ

SURGEシリーズでは唯一の、ディスクブレーキ搭載モデルでもある(ブレーキはTRP・SPYRE)。そして見てのとおりフロントにカーボンバトンホイールを標準装備することで、見た目に迫力を持たせている。ホイールサイズはETRTO 451だ。

photo_アキボウ

メインコンポーネントはシマノ・105を搭載。フレームサイズは1種類のみで、重量は9.7kgと発表されている。価格は238,000円(税別)だ。

リンク: Tern Bicycles Japan ターン バイシクルズ ジャパン

※本稿執筆段階では、多くのメーカー・代理店で2021年モデルが在庫僅少や納期未定といった状態になっています。詳しくは取扱販売店にお尋ねください。

(SUGAI Gen)

作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。