NESTO 2020年モデル:オフロードライド入門のための29er「TRAIZE」


ホダカのスポーツサイクルブランド「NESTO(ネスト)」に、スタンダードな29erハードテール「TRAIZE(トレイズ)」を追加しています。

これから本格的なオフロードライドを始めてみたい人に向けて、10万円を切る価格ながら充実したスペックを搭載しているのが特徴です。

フレームは6061アルミで、BOOST規格、つまりリア12×148mmスルーアクスルとなっています。

29erホイール&タイヤを標準装備し、27.5+のホイールセットにも対応可能。そしてノブが低めの29×2.1インチタイヤを採用することで、街乗りにも対応します。

最近のMTBはフロントシングルが多いのですが、TRAIZEはフロントダブル仕様。

内蔵ワイヤリングとなっています。

メインコンポーネントは、リア9速のシマノ・アルタスです。

また、スルーアクスルになっていることがわかるかと思います。

フロントフォークは100mmトラベルで、こちらもスルーアクスル仕様。ブレーキはシマノの油圧式ディスクです。

サイズは、14インチ、16インチ、18インチの3種類を設定。

価格は83,000円で、2019年12月入荷予定となっています。

リンク: NESTO

(Gen SUGAI)