MERIDA 2020年モデル:トレイル向けフルサスMTB「ONE-TWENTY」


MERIDA(メリダ)のONE-TWENTYシリーズは、比較的距離のあるトレイルやマラソンレースのために設計されたフルサスペンションMTBです。

トラベル量は、リヤサスペンションが120mm(最上位グレードを除く)、フロントフォークが130mm。リアサスペンションはメインフレームに接続されないフロートリンク方式を採用しているのが特徴で、「懐の深いストロークを実現いている」とMERIDAは説明しています。

ONE-TWENTY 9.400

photo_ミヤタサイクル

ONE-TWENTY 9.400は、上位モデルの機能を踏襲しつつフルアルミフレームとしたエントリーグレードです。Sサイズで14.8kgとさすがに上位モデルより重量はありますが、この手のMTBとしては標準的か。

フロントシングルとリア12速のSRAM SX Eagleを搭載し、幅広い地形でライディングを楽しむことができるでしょう。

価格:229,000円(税別)

ONE-TWENTY 9.3000

photo_ミヤタサイクル

3グレードあるONE-TWENTYの中で真ん中に位置するのが、こちら。メインフレームがカーボンとなり、Sサイズで13.8kgと、アルミモデルよりも1kg軽くなっています。リアアームはアルミ製です。

価格と重量、スペックのバランスを考えると、ONE-TWENTY買うならこのグレード!と言えるのではないでしょうか。

価格:399,000円(税別)

ONE-TWENTY RC 9.9000

photo_ミヤタサイクル

そしてONE-TWENTYの最上位グレードが、このONE-TWENTY RC 9.9000です。実はこのONE-TWENTY RC 9.9000だけ、リア100mmトラベルとなっていて、パーツ構成もXCバイク寄りのもの。そして何より、フレームもリアアームもカーボンとして、Mサイズで11.3kgという軽さを実現しました。

価格は100万円を超える、文字通りの旗艦モデルです。

価格:1,100,000円(税別)


各製品の詳細は、MERIDAのWebサイトでどうぞ。

リンク: MERIDA

(Gen SUGAI)