GIANTがESCAPE R3のディスクブレーキバージョン「ESCAPE R DISC」を発表


GIANT(ジャイアント)が、ESCAPE R3のディスクブレーキバージョン「ESCAPE R DISC」を2020年モデルとして発表しています。

photo_ジャイアント

外装変速でディスクブレーキ搭載のESCAPE(RXを除く)としては、約11年ぶりに登場したディスクブレーキモデルです。



ESCAPE R3の設計を踏襲しつつも、ストレート形状のアルミフォークを採用、リアエンド幅は135mmとなり、シマノ製油圧ディスクブレーキを搭載しての登場です。

photo_ジャイアント

メインコンポーネントはシマノ・アルタスで、フロント3段×リア8段の24スピード仕様。ブレーキセットはシマノ・MT200となっています。

photo_ジャイアント

そして、先に発表された2020年モデルのESCAPE R3と同様に、700×30Cのタイヤを標準装備しています。

重量は12.0kg(465mm)とさすがに少々重たくなっていますが、スペックと価格を考えれば妥当なところでしょう。

photo_ジャイアント

430(XS)、465(S)、500(M)mmの3サイズを用意し、価格は62,000円(税別)となっています。

リンク: GIANT Bicycles | トップページ

関連記事: GIANT 2020年モデル:定番クロスバイク「ESCAPE R3」が初めてタイヤサイズを変更 – CyclingEX

(Gen SUGAI)