BRI-CHAN:自転車の「健康」を保つには


買ったばかりの自転車は調子がよいのに、使っているうちに少しずつ「なんだか調子が悪いな」と感じる場面が出てきますよね。それは、どうしてでしょうか。(ほぼ)隔週金曜日に更新しているブリヂストンサイクルのファンサイト「BRI-CHAN」では、そんな話題についてお伝えしています。

自転車を使う上で、どうしても避けられないことがあります。それは「部品が消耗していく」ということです。

例えば、タイヤ。

乗っているうちに空気が減っていくだけでなく、地面と接する面は削られていきますし、ゴムが劣化してひび割れなどを起こすこともあります。

タイヤがこんなふうに劣化してしまったら、タイヤチューブの空気圧にタイヤ自体が耐えられなくなって、パンクしてしまう可能性があります。



チェーンやベルトも、消耗していく部品です。チェーンやベルトが走行中に切れると、バランスを崩し転倒するリスクがあります。そうなる前に、交換する必要があります。

こちらは、ブレーキシューの様子。新品のブレーキシューには、溝が彫られていますが、消耗したブレーキシューはすっかり溝がなくなってします。このまま使い続けていると、きちんとした制動力を発揮できなくなってしまい危険です。

このように、自転車にはさまざまなところに消耗部品が使われています。そして、消耗しきってトラブルが起きてしまう前に、未然にそれらの部品を交換してあげる必要があるのです。

とはいえ、消耗部品をどのタイミングで交換するべきかは、なかなかわかりにくいことかと思います。自転車の「健康」を保つには、どうすればよいのか——今週のBRI-CHANで、対策を紹介しています。

詳しくはぜひ、BRI-CHANの記事をごらんください。

リンク: 自転車を快適に使い続けるために、消耗部品をきちんと交換しよう — BRI-CHAN

●BRI-CHANとは
日本を代表する自転車メーカー・ブリヂストンサイクルのファンサイトとして、2016年1月よりスタート。CyclingEXが編集部(チーフブロガー)として参加しています。
リンク: BRI-CHAN – bridgestone greenlabel fan channel「ブリチャン」

(Gen SUGAI)




富士フイルム ミラーレス一眼 X-T30XCレンズキット シルバー X-T30LK-1545-S