今週のクリップ(2019-4-17):バーレーの自転車用ベビーカーにニューモデル登場、他


桜が散ったと思ったらもう4月も後半! だいたい1週間分の情報クリップです。

バーレーの自転車用ベビーカーにニューモデル

子供を載せて自転車で牽引できるバーレーの自転車用ベビーカーに、ニューモデル6種が登場。重心が低くて安定性が高いのが特徴です。

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

安全性にこだわり、高品質な自転車用ベビーカーを製造する「Burley Design(以下バーレー、本社 アメリカオレゴン州ユージーン)」の日本での販売元を務めるライトウェイプロダクツジャパン株式会社(本社 東京都豊島区、代表取締役社長 髙島義人)は、新しい自転車用ベビーカー6モデルの販売を開始いたしました。

情報源: バーレー製自転車用ベビーカー6モデルの販売を開始 – RITEWAY OFFICIAL BLOG



テクノロジーの限界?

モラルに頼るのは無理だという話。

スマートフォンで手軽に利用できるラストワンマイルの移動手段として、中国で爆発的な人気となり日本でも注目を集めていたシェアサイクル。だがここ最近、その中国で大手事業者の経営危機が報じられるなど行く末に不安感が漂っている。そこにはテクノロジーだけでは解決できない大きな課題が影響しているようだ。

情報源: もてはやされたシェアサイクル、早くも頓挫した理由 | 日経 xTECH(クロステック)

「2019ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」は10月27日開催

今年こそ観に行ってみようかしら(実は観たことない)。

ちなみに公式サイトによると、大会名から「le」の文字が無くなったとのこと

一般社団法人さいたまスポーツコミッションは15日、国際自転車レース「2019ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」を10月27日に開催すると発表した。今年は2年ぶりにコースを変更し、さいたまスーパーアリーナ内を通る。

情報源: さいたまで自転車レース 2年ぶり新コース  :日本経済新聞

狭い土地でもたくさん収容できるハイテク駐輪場@錦糸町

地上空間を活用できるのも特徴。

技研製作所の機械式地下駐輪場「エコサイクル」2基が、東京・墨田区の「錦糸町」駅南口に完成し、2019年4月1日より区営の公共駐輪場「錦糸町駅南口機械式自転車駐車場」としてオープンした。

情報源: 錦糸町駅南口の狭い敷地に、技研製作所の機械式地下駐輪場「エコサイクル」が完成 – BUILT

やっぱり富士山が見たい!?

富士山を見せるためなら木も切る、と。

静岡県は本年度、2020年の東京五輪自転車競技ロードレースのコース沿線で、観戦客が世界遺産富士山の眺望を満喫できるよう未整備の樹木伐採など森林整備に力を入れる。

情報源: 五輪自転車、コース沿線見渡す富士 静岡県、森林整備急ピッチ|静岡新聞アットエス

2020東京オリンピックの競技日程決まる

自転車ロードは7/25(土)。トラックは後半です。BMXやMTBもお忘れなく。

東京2020オリンピック競技大会では、史上最多の33競技・339種目が42の競技会場で開催されます。本ページでは、オリンピックの競技スケジュールをご案内します。

情報源: オリンピック競技スケジュール|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

(Gen SUGAI)