Kabutoのアイウェア「101」シリーズにニューカラー追加

オージーケーカブトが、kabutoブランドのアイウェア「101」シリーズにニューカラーを追加し、2019年3月上旬より発売すると発表しています。

●101

101は、独自のハイコントラストレンズを採用したアイウェア。レンズに両面撥水加工が施されているのも特徴です。

追加されたカラーは、マットブラックカモとマットホワイトカモの2色。どちらも2種類のレンズが標準添付されます。

価格:10,000円(税別)
カラー:マットブラックカモ、マットホワイトカモ
付属レンズ(可視光線透過率):撥水スペクトルモーブミラー(21%)、撥水ライトピンク(78%)
サイズ:S、M/L
付属品:Kabutoソフトケース1、Kabutoレンズクロス1

製品情報はこちら。
http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/eyewear/101/101.html



●101PH

101の調光レンズバージョンが「101PH」です。Kabutoの調光アイウェアの中で唯一、両面撥水加工が施されたモデルでもあります。

付属レンズは調光クリア1種類となります。

価格:15,000(税別)
カラー:マットブラックカモ、マットホワイトカモ
付属レンズ(可視光線透過率):撥水クリア調光(81〜17%)
サイズ:S、M/L
付属品:Kabutoソフトケース1、Kabutoレンズクロス1

製品情報はこちら。
http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/eyewear/101/101ph.html

なお、どちらのモデルも「度付持込対応店」にて、度付きレンズ作成が可能です。

関連記事: 両面撥水レンズ採用、調光モデルもあるKabutoのアイウェア「101」シリーズ – CyclingEX

(Gen SUGAI)



投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。