GIANT 2019年モデル:2.6インチ幅タイヤ対応になったハードテールMTB「FATHOM」


GIANT(ジャイアント)の2019年モデルから、トレイルライド向けのハードテールMTB「FATHOM(ファゾム)」を紹介します。

FATHOM 1 photo_ジャイアント



2017年モデルから登場したFATHOMですが、2019年モデルではマイナーチェンジが実施されています。見た目はほとんど変わっていないのですが、フレームのエンド幅が135mmから141mmへと拡がっています。他メーカーでも、アルミフレームのミドルグレードで近年増えている仕様です。

FATHOM 2 photo_ジャイアント

フレームとタイヤのクリアランスも拡大し、タイヤはそれまでの27.5×2.25インチから、FATHOM 1が27.5×2.6インチへ、FATHOM 2が27.5×2.4インチへと太くなりました。旧モデルと見比べると、足回りのボリューム感が増しているのがわかります。

photo_ジャイアント

120mmトラベルのフロントフォークやドロッパーシートポスト、そしてチューブレスレディタイヤを標準装備し、日本の里山トレイルを楽しむにはぴったりでしょう。

価格は、シマノ・SLX完成車の「FATHOM 1」が180,000円(税別)、シマノ・デオーレ完成車の「FATHOM 2」が140,000円(税別)となっています。

リンク: Giant Bicycle

(Gen SUGAI)