Cannondale 2019年モデル:フィットネス志向の女性向けクロスバイク「Quick Women’s 7」

キャノンデール・ジャパンが、Cannondaleの女性向けクロスバイク「Quick Women’s 7」2019年モデルを先行発売しています。

photo_キャノンデール・ジャパン

ユニセックスモデルのQuickシリーズと異なる点としては、フレームの設計を女性専用のものとして、楽な乗車姿勢がとれるようになっていることが挙げられます。

2種類あるフレームサイズのどちらも、トップチューブと呼ばれる部分がユニセックスモデルより約1.5cm短くなっていて、これはハンドルが近めになっていることを意味します。そして、フレームをまたぐ部分の高さ(スタンドオーバーハイト)も約4cm低くして、またぎやすさを実現しました。サドルも、女性向けに幅広のものを装備しています。

カラーは鮮やかなタンジェリン。ロゴや一部のアクセントが光を反射するようになっており、ナイトライドでも安心です。

価格:55,000円(税別)
フレーム:アルミ
フォーク:クロモリ
コンポーネント:シマノ・アセラ
変速段数:3×8
前ギア:48/38/28T
後ろギア:11-32T(8S)
タイヤ:700×35C

リンク: 2019年モデル先行販売開始 | Cannondale Bicycles

(Gen SUGAI)





作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。