ティアグラ完成車にスペックアップしたクロモリロード「MIYATA ITAL SPORT」2017年モデル

MIYATA(ミヤタ)が、エントリーグレードのクロモリロードバイク「ITAL SPORT」をモデルチェンジして、2017年5月より発売を開始しています。

photo_ミヤタサイクル

遅れて出てきた2017年モデルと、早く出てきた2018年モデルが入り乱れている時期ですが、こちらは2017年モデルとして登場しています。

2015年に発売されたITAL SPORTは、エントリーグレードの価格ながら昔のロードレーサーが持つ雰囲気を味わうことができるクロモリロードバイクです。5本の螺旋状の内部補強リブを施した、ミヤタならではの「SSTBクロモリチューブ」を採用、そして1インチのヘッドにカーボンフォークを採用しています。

photo_ミヤタサイクル

2017年モデルでは、チューブを一部コロンバス製としているほか、メインコンポーネントがシマノ・クラリスからシマノ・ティアグラへと変更されています。価格もアップしていますが、128,000円(税別)というのはなかなか魅力的な設定ではないでしょうか。

フレームサイズは、480/500/520/540/560と5種類用意されています。

リンク: ミヤタサイクル

(Gen SUGAI)



作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。