逆走自転車と遭遇したときにやるべきなのは、相手に道交法を知らしめることでも怖い思いをさせることでもない


車道逆走の動画が話題になっているようです。その動画のシェアはしませんが、ここで改めて「自分が車道の左側を走っている時に、前から逆走した自転車がやってきたらどうするか」について考えてみました。

その前に、

自転車が左側通行であることは言うまでもありませんので、念のため。

さて、こんな感じの道路を自転車で通行しているとき。

逆走している自転車とはつまり、自分が自転車で道路の左側を通行しているときに、前から向かってくる右側通行の自転車を指します。こちらに向かって自転車がやってくる。さぁ、どうしよう。

もともと自分は「左端に寄って止まってやり過ごす」派でした。それが自分にとって安全だと思ったからです。しかし近年は、それは選択肢のひとつでしかないと考えています。そして今では、状況が許すなら早めに、かつ大げさに道路中央寄りに避けることも多くなりました。自分の後に他の車両がいるような状況においては、オーバーなアクションで、自分は障害物を回避しているのだということが後続に伝われば……と思うこともあります。実際、車列の中にいると逆走自転車って見えにくいものですし。

「自分が左端に寄って止まる」

「危険だから自分が左端に寄って、逆走自転車をやり過ごした」

もちろんそれも、間違いではないでしょう。相手が惚(ほう)けていたりよそ見をしていなければ、自分と逆走自転車の正面衝突は避けられます。

一方で、逆走自転車が道路中央側にふくらむことで、自分の後続にさらなる脅威を与える可能性もあるな……と考えるようにもなりました。自分が危険を回避できても、逆走自転車と後続が正面衝突しても「ざまぁみろ」とは言えません。

とはいえ、逆走している自転車が1台いるだけで、その周囲にはいろいろな混乱が起き、結局のところ「自分が左に寄って止まるのがベター」という瞬間もあるので、そう判断したときは、自分もさっさと左に寄って止まります。ただ、自分の中に「自分ならこうする」という考えはあっても、「どんな状況においてもこうするのが正しい」というのは、ありませんし、実際にはその場その場で判断することになります。

いずれにしても、逆走自転車と遭遇したときにやるべきことは、相手に道路交通法を知らしめることでも、相手に怖い思いをさせることでもありません(相手が怖い思いをしたということは、さらに別の誰かも怖い思いをしているということです)。やるべきことは「危険を回避すること」ではないでしょうか。

何年か前、ジャパンカップサイクルロードレースの帰りに、交通規制が解除されてるのに調子にのってメイン会場から田野に向かって右側を下ってるお馬鹿さんがいて、下から上がってきた車と正面衝突寸前……というのを目の前で見たのですが、一歩間違えたら死んでたんじゃないかというくらいのタイミングだったのです。そのとき思ったのです。私もよく口では「死ねばいいのに!」とは言いますが、実際はその人がどんなにお馬鹿さんでも、やっぱり死んじゃダメだと。

私は二度と交通事故に遭いたくないです。起こしたくないです。目の前で誰かが事故に遭うのも(仮にそいつがどんなに悪かろうが)見たくはありません。

みなさんは、どのうように考えますか?

関連記事: 車道逆走の危険性が十分に伝わる動画 – CyclingEX

(Gen SUGAI)