深谷産業がサポートするMTB新チーム「drawer THE RACING」


自転車業界のための人材育成を手がけている「ドゥロワー」(神奈川県大和市)が、新たなプロマウンテンバイクレーシングチーム「drawer THE RACING」を設立しました。メインスポンサーに深谷産業を迎え、国内最強チーム、そして2020年に東京で開催される夏季五輪の代表に選手を輩出するチームとなることを目指します。

左から、佐藤寿美選手、小野寺健選手、山路篤オーナー兼監督、竹内遼選手、近藤正勝・深谷産業社長。

ドゥロワーは2015年より、MERIDAを取り扱うミヤタサイクルから所有権を譲渡されるかたちで「MIYATA-MERIDA BIKING TEAM」を運営していましたが、2017年1月よりミヤタサイクルが再びMIYATA-MERIDA BIKING TEAMを所有・運営する体制となっています。

そして、ドゥロワーが今回独自のチームとして立ち上げたのが「drawer THE RACING」。選手は、小野寺健、竹内遼、佐藤寿美の3名です。2017年シーズンは、国内のXC競技を中心に戦います。竹内、佐藤の両選手はシクロクロスにも参戦します。

使用するバイクは、日本初上陸の台湾ブランド・TITANOS(タイタノス)です。メインスポンサーとなる深谷産業が取り扱う、MICHELIN(ミシュラン)のMTBタイヤ、SIDIのMTBシューズなどが使用されます。なお、TITANOSの日本国内での販売スケジュールは、現状では決まっていないそうで、今シーズンはレース活動を通じて認知を高めていくことになりそうです。

リンク: 株式会社 深谷産業 | トップページ

リンク: drawer | ドゥロワー 自転車業界で活躍する人のために

(Gen SUGAI)