GARMINの自転車用後方レーダー「Varia J」は12月17日発売

いいよねっとは、GARMINの自転車用後方レーダー「Varia J」を2015年12月17日に発売すると発表しています。

img_82629_2

米国・GARMIN(ガーミン)社正規代理店 株式会社いいよねっと(本社:埼玉県富士見市、代表取締役:真鍋 陽一、 http://www.iiyo.net )は、自転車の後方約140m以内に接近する自動車などを感知し、ハンドル部に取り付けたディスプレイユニットや自転車用GPSサイコン「Edgeシリーズ」に状況を表示する『Varia(TM)Jリアビューレーダー(ヴァリアジェイリアビューレーダー)』を、2015年12月17日(木)に発売いたします。 なお、予約受付は2015年12月1日(火)に開始しております。

情報源: GARMINが自転車用後方レーダー『Varia(TM)J』を12月17日にリリース 後方から近づく車両をレーダーで監視|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

Varia Jは、テールライトと一体になった装置から24GHzのミリ波レーダーを出すことによって、140m以内に接近する車両を感知します。そして後方から車両が来ていることを、ライダーに伝えるのです。

img_82629_3

実際に、どうやって車両の接近をライダーに伝えるのか。ひとつは、ハンドルやステムに設置したVaria Jのディスプレイユニットにて表示させる方法です。

img_82629_4

それだけではありません。GARMINのGPSサイクルコンピューターと連携し、その画面で車両の接近を知ることも可能です。

Varia_hyouji

Varia Jのディスプレイ、Edge1000 J、Edge25 Jにおける、表示例です。

ちなみに、Edge1000J/Edge520Jは今後のソフトウェア更新によりVaria Jに対応予定、そして新商品のEdge25 JはVaria Jに対応しています。

価格は、レーダーとディスプレイのセット「Varia J リアビューレーダーセット」が36,800円(税別)、そしてレーダー単体の「Varia J リアビューレーダー」が24,800円(税別)です。

2015年12月17日発売予定で、予約は本日、2015年12月1日より、いいよねっと上で行われています。

詳しくは、いいよねっとのWebサイトでどうぞ。

リンク: いいよねっと

関連記事: 後方レーダーにも対応予定!重量25gの小型GPSサイクルコンピューター「GARMIN Edge 25J」 | CyclingEX

(Gen SUGAI)





1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。