TREK 2016年モデル:街中からトレイルまでこなすクロスバイク「DS」シリーズ


DSとは「Dual Sport」の略。TREK(トレック)が「究極のハイブリッドバイク」と謳うこのシリーズは、オンロードのサイクリングからちょっとしたトレイルまでを1台でこなせるように作られています。

trek_ds_angle

「タイヤの太いフロントサスペンション付きのクロスバイク」という説明がしっくり来ると思いますが、全グレードでディスクブレーキを備え、「ミドル〜エントリーグレードの29er MTBに細めのタイヤを付けた」と言っても良さそうな車体構成。そのタイヤは700×38Cとなっています。

「たまにオフロードを走りたい」であるとか「川沿いのサイクリングロードを走っていてダートが出現しても、そのまま突っ切りたい」というような用途であれば、街乗りMTBよりも現実的な選択肢となるでしょう。

DSシリーズには3つのモデルがあります。

ds85

シマノ・デオーレ仕様で油圧ディスク採用の「8.5 DS」は、135,000円(税別)。サスペンションにはリモートロックアウト機構も付いています。

ds84

シマノ・アリビオ/アセラ仕様で油圧ディスク採用の「8.4 DS」は、103,000円(税別)。サスペンションはロックアウト機構付きです(リモートではありません)。

ds83

シマノ・アセラ仕様で機械式ディスクブレーキを持つ「8.3 DS」は、79,000円(税別)です。こちらも、サスペンションはロックアウト機構付きです(リモートではありません)。

今の日本では少しニッチな存在かもしれませんが、出来の良いフロントサスペンション付きクロスバイクは貴重な存在と言えるでしょう。

アメリカNo.1のスポーツ自転車総合ブランド「トレック」

(Gen SUGAI)