ロングセラーのクロモリ・クロスバイク「JAMIS CODA」シリーズ


アメリカブランドのJAMIS(ジェイミス)の名前を聞くと、ロードバイクにしろMTBにしろ、クロモリフレームを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。そんなJAMISは、クロスバイクの看板モデルもクロモリです。

IMG_8295

CODAシリーズが発表されたのは1991年で、クロスバイクの先駆け的なモデルです。2016年モデルでは、「CODA SPORT」と「CODA COMP」の2モデルが日本市場に投入されます。

●CODA SPORT

まずは「CODA SPORT」から。

IMG_8291

クロモリらしい細身のルックスで、へんにカッコつけることもなく、クリーンなイメージが特徴です。フレームのチューブは4130クロモリで、フォークもユニクラウン仕様のクロモリフォークとなっています。

16_codasport_bk

コンポーネントはシマノ・アセラで、前3×後8の24スピード。タイヤは、クロスバイクとしては一般的な700×32Cを採用しています。

16_codasport_sl2

カラーは、ブラック、シルバー、ブルーの3色。このうち、ブラックとシルバーはサイズ展開が15インチ、17インチ、19インチの3種類。

16_codasportfemme_bl

ブルーは女性向けの設計となっていて、14インチと16インチの2種類を用意。一応「FEMME」と名乗っているのですが、外観上に女性向けであることを示すようなロゴ等はなく、実際には男女関係なく、小柄なユーザー全般に受け入れられるものです。

価格は69,900円(税別)となっています。

●CODA COMP

続いて、上位モデルの「CODA COMP」。

16_codacomp2

ルックスはCODA SPORTと同じですが、フレームのチューブが異なります。

IMG_8267

CODA COMPのチューブは、レイノルズ・520。また、フロントフォークもカーボンです。

メインコンポーネントはシマノ・アセラですが、SPORTSがリア8速なのに対して、こちらのCOMPはリア9速となっています。

カラーはスチールブルーの1色で、サイズは15インチ、17インチ、19インチの3種類。価格は99,000円(税別)です。

リンク: Jamis Bicycles – ジェイミスジャパン – Mountain Bikes, Road Bikes, Street Bikes

(Gen SUGAI)