charge bikes2016年モデル「COOKER」シリーズに27.5Plusが登場


「シンプル&モダン」をコンセプトにイギリスで開発されている「charge bikes」の2016年モデルから、MTBの「COOKER」シリーズを紹介します。2016年モデルではファットバイクと27.5Plusのラインアップになりました。

COOKER_MAXI_1

まずは26インチの「COOKER MAXI 1」。こちらはアルミフレームで、タイヤサイズは26×4.0″となっています。フロントは36/22Tのダブルで、リアは11-36Tの10速。コンポーネントはSRAM・X5が採用されています。価格は160,000円(税別)です。

COOKER_MAXI_2

続いて、上位グレードの「COOKER MAXI 2」。「1」とは違ってフレームがタンゲのクロモリチューブとなります。そしてコンポーネントは11スピードのSRAM・GXが採用され、フロントはシングル、リアは10-42Tとワイドなギアが付いています。価格は190,000円(税別)です。

DSC03905

ちなみにCOOKER MAXIのサイズ表記はこんな感じ。chargeのロゴですね。

DSC03903

リムもこんなふうになっていました。

さて、ここからは27.5Plusです。

COOKER_MIDI_SS

こちらは「COOKER MIDI 0」。先の2モデルはリムが26インチでしたがこちらは27.5インチで、タイヤは27.5×2.8″を採用。ファットバイクとふつうのMTBの中間的な太さになっています。クロモリフレームかつシングルスピードで、価格は120,000円(税別)です。

COOKER_MIDI_1

続いて「COOKER MIDI 1」です。アルミフレーム、シマノ・デオーレの1×10スピード仕様で、価格は140,000円(税別)。

COOKER_MIDI_2

同じくアルミフレームの「COOKER MIDI 2」。コンポーネントがシマノ・SLXとなっています。また、このグレードからフロントにサスペンションフォークが付きます。価格は170,000円(税別)。

COOKER_MIDI_3

そして「COOKER MIDI 3」。コンポーネントがリア11速のSRAM・GXとなり、価格は210,000円(税別)です。

このように27.5Plusのバイクが登場しているのが、「COOKER」2016年モデルの特徴です。実は本国サイトのほうを見ると、27.5Plusのモデルに「MIDI」という文字は入っていません。日本では「太い27.5インチ」よりも「ちょいファット」で訴求したいのかもしれませんね。

CHARGE 公式サイト | チャージ MTB ファットバイク.

(Gen SUGAI)