グラベルロード?クロスバイク?1990年前後の多目的スポーツ自転車

1980年代後半に日本でMTB(マウンテンバイク)がはやり始めてから数年、1990年前後になると、MTBから派生した多目的なスポーツ自転車が登場するようになりました。そんな時代にブリヂストンサイクルから発売されていたのが「ワイルドウエスト クロスロード0」です。

「ワイルドウエスト」はMTBのブランドとして立ち上がりましたが、この「クロスロード」はオンロードも楽しめる多用途な、つまりクロスバイクとして登場しています。

ハンドルの種類やタイヤのサイズなどにより、いくつかのモデルがありました。そしてドロップハンドルの最上位モデルが、このワイルドウエスト クロスロード0でした。

関連記事: ブリヂストンサイクル名車紹介:90年代の多用途スポーツ車「ワイルドウエスト クロスロード0」 – BRI-CHAN

カタログ写真で見ても昔の自転車だとわかりますが、それでも、現代においてどこか海外のブランドから発売されていてもおかしくない雰囲気をもっています。

ちなみにワイルドウエストは新家工業(アラヤ)「マディフォックス」の対抗馬でもあったのですが、そのマディフォックスはというと、1989年にはMTBをオールランドな性格にアレンジした「CX」シリーズを投入、700Cホイールでフラットハンドル仕様とドロップハンドル仕様を揃えていました。

関連記事: 時代先取り?89年の700Cハイブリッドバイク「ARAYA MF700-CX-F」 – CyclingEX

アラヤは近年になってCXシリーズを復活させています。ブリヂストンのほうではANCHOR(アンカー)が「レーシングブランド」という立ち位置のためか、こういった「多用途に遊べる自転車」は存在しにくいのかもしれませんね。

(Gen SUGAI)



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like