ピナレロ2011年モデル「KOBH 60.1」

カワシマサイクルサプライが、ピナレロの2011年モデルとして「KOBH 60.1」の情報を掲載していました。春先にもその存在は明らかにされていたので、ご存じの方も多いとは思いますが。


100704_P11_KOBH_SKY copia

KOBH 60.1 530/TeamSKY



このKOBH 60.1、「two wheel SUV」などという謳い文句がつけられています。


[PINARELLO 2011 情報] Asymmetric System & CenturyRide 初のtwo wheel SUV “KOBH 60.1″登場! | RIOGRANDE


KOBH 60.1は、石畳の道が繰り返される過酷なコースと予測できない天候という特徴がある北ヨーロッパのクラシックレースを戦うために、特別なバイクが必要になるとチームから要請を受け、Team SKYと共に開発されました。


つまり「まるでSUVのように快適なロードレーサー」、ということのようです。それでもDOGMA 60.1とは異なるジオメトリーで設計され、28Cのタイヤが装着できるクリアランスを用意するなどといった工夫がなされています。


希望小売価格は560,000円(レギュラーフレームセット・税込)/615,000円(Di2内蔵仕様フレームセット・税込)。


高級SUVですね。


100704_P11_KOBH_BlackRed copia

KOBH 60.1 528/Black x Red


100704_P11_KOBH_WhiteRed copia_0

KOBH 60.1 527/White


(須貝弦)


Road2010_top_mini







須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like