TREKがシクロクロスバイク「Boone」の2022モデルを発表

TREK(トレック)が、カーボンフレームのシクロクロスバイク「Boone」をモデルチェンジし、2022モデルとして発表しています。

photo_トレック・ジャパン

フルモデルチェンジされたBoonは、従来モデルが搭載していたフロントのショック吸収システム「フロントIso Speed」が廃され、80gの軽量化が行われているのが特徴です。この変更は、選手からのフィードバックを受けてとのこと。また、ハンドル周りのケーブルの取り回しはÉmonda同様の方式で内装化され、BBはT47ねじ切り式となりました。

シマノ・GRX RX810を搭載した完成車「Boone 6 Disc」が用意され、価格は475,200円(税込)です。

リンク: Boone 6 Disc | Trek Bikes (JP)

※世界的な需要増と供給不足により、多くのメーカー・代理店で2022年モデルが在庫僅少や納期未定といった状態になっています。詳しくは取扱販売店にお尋ねください。

(SUGAI Gen)